系長あいさつ

相関基礎科学系のホームページをご覧いただき、ありがとうございます。相関基礎科学系は、総合文化研究科広域科学専攻に属する3つの系のうちの一つで、おもに物理学・化学の視点から自然界の現象・物質を対象とする自然科学の分野と、「科学や技術とは何か」という基本的問題に取り組む科学史・科学哲学の分野を含む組織です。教員の専門分野は、科学技術史、科学哲学、素粒子論、物性物理学、統計物理学、原子分子物理学、生物物理学、分子科学、機能性物質化学ほか、きわめて多岐にわたります。高い専門性を有する世界のトップレベルの研究者が異分野の教員と連携し、新しい学際的、分野横断的な研究が生まれる、これが相関基礎科学系の特徴です。

大学院修士課程・博士課程での学びも本系の特徴です。物理や化学、科学史、科学哲学を極めたいという学生に対しては、それぞれの分野における専門性の高い体系的なカリキュラムが用意されています。一方で情報と物理、生物物理学などの学際分野に関する最先端の講義も提供されています。講義だけでなく、専門性の高いセミナーや幅広い聴衆を対象にした談話会(コロキウム)が定期的に開催され、それらの多くは大学院生も自由に参加できます。これらのカリキュラムや研究活動には、専門と学際の相補性に触れ得る場こそ、次世代の科学者、研究者を育て、世に送り出す大学院であるというわれわれの思いが込められています。

広域科学専攻では、「大学院で学びたい」という学生に対する経済的な支援も行っています。一年に二回、「博士・修士課程学生のための国際研究集会渡航助成」を行っている他、2019年度より国際卓越大学院「先進基礎科学推進国際卓越大学院」プログラムが開始され、博士課程進学を視野にいれた大学院生の研究活動を支援しています。相関基礎科学系に興味のある学生の皆さんは、是非、相関基礎科学系の教員のホームページをご覧いただき、実際に研究室を訪問されることをお勧めいたします。

系長 加藤 雄介