Q&A

修士課程入試関係

募集要項や願書はどのようにして入手できますか.
募集要項および願書は、3月下旬より配布を開始します.東大駒場キャンパスの 教務課総合文化大学院係へ直接取りに来ていただくか,郵送をご希望の場合は,240円の切手を貼った角2の返信用封筒を同封し,「広域科学専攻修士(もしくは博士) 課程相関基礎科学系入学希望」と明記して,〒153-8902 東京都目黒区駒場3-8-1 東京大学大学院総合文化研究科教 務課総合文化大学院係 へご請求下さい.なお,募集要項の一部は系のホームページ「入試案内」でダウンロードす ることができます.

出願はいつすればいいのですか.
修士課程の場合,出願期間は6月上旬です.詳しい日程は,募集要項または系のホームページ「入試案内」をご覧ください.なお,出願は郵送のみに限られています.

過去の入学試験問題は入手できますか.
過去の入学試験問題はダウンロードできます.過去問題のページはこちら

入学試験の出題科目や出題分野は決まっていますか.
平成26年度(平成25年度実施)の入学試験から,新たに変更があります.系のホームページ「入試案内」をご覧ください.

入学試験の前に,公開の説明会などはありますか.
広域科学専攻の3系合同の説明会が、4月と5月に開催されます.詳しい日程は決まり次第発表になりますので,当該ページに注目していてください.

学内からの受験生と学外からの受験生の間に選考基準の差がありますか.
まったくありません.

口述試験の日時はいつわかりますか.
口述試験の日程は募集要項に記されていますが,具体的な日時は筆記試験後に決まります.

研究室ごとに定員がありますか.
原則として,指導教員当り最大2名になっています.

社会人枠で受験する場合,どのような資格や証明書が必要ですか.
他の受験生と同じ資格の他に,「出願時に会社・学校・官公庁等に在職中であり,入学時以降においても在職の見込みである者,その他社会人としての経験を有する者」という条件があります.また,在職のまま入学する場合には,入学の時点で勤務先の長による証明書を提出する必要があります.

 

博士課程入試関係

出願はいつすればいいのですか.
博士課程の場合,例年,12月です.学内からの受験生か学外からの受験生かにより期間が違います.募集要項は,修士課程と同様に,3月下旬より配布を開始します.

どのような試験をうけるのでしょうか.
口述試験(論文審査を含む)を行います.なお,東京大学の大学院修士課程に在学中の受験生以外には,原則として筆記試験が課されます.

筆記試験ではどのような問題がでるのでしょうか.
過去の入学試験問題は公開していません.英語,および志望するする専門分野の基本的な知識を問う問題が中心となります.

受験の前に,志望する指導教員に相談する必要がありますか.
出願前に志望指導教員と必ず連絡を取り,合格した場合に受け入れ可能であることを確認してください.

 

奨学金・学生支援関係

奨学金にはどのようなものがありますか.
一般的なものとして,日本学生支援機構の奨学金があります.この奨学金には,返還免除の制度がありますが,詳細は該当ホームページを参考にしてください.また,ティーチング・アシスタントやリサーチ・アシスタント,「東京大学博士課程研究遂行協力制度」などにより経済的な支援を行なっています.

海外での研究活動,国際会議への参加などに対して学生支援はありますか.
日本学術振興会の「組織的な若手研究者等海外派遣プログラム」,「東京大学学術研究活動奨励事業(国外)」,広域科学専攻独自の「博士課程学生のための国際研究集会渡航助成」を通して,大学院生の研究活動を支援しています.

ページトップへ